私のお父さん(ジャンニ・スキッキ)

プッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」でラウレッタが歌うアリエッタ。
遺産はすべて修道院へという金持ちの老人の遺言状を書き換える相談を娘ラウレッタの恋人リヌッチオの親族から受けたジャンニ・スキッキは、リヌッチの伯母と衝突しへそを曲げる。
渋る父にラウレッタが協力を懇願し「お父さん、もしリヌッチョと結婚できないなら、私、ポンテ・ヴェッキオからアルノ川に身投げしてしまうから」と脅かすアリエッタ。

Puccini / Gianni Schicchi : O mio babbino caro 私のお父さん

O mio babbino, caro,
ああ、私の大好きなお父さん
Mi piace, e bello, e bello
私、とってもあの方が好きなの
Vo’ andare in Porta Rossa
これから 2人でポルタ・ロッサの町へ
A comperar l’anello!
指輪を買いに行かせてください

Si, si, ci voglio andare !
ええ、ええ、どうしても行きますわ!
E se l’amassi indarno,
もし、お許しがなかったら
Andrei sul Ponte Vecchio
私たち、ヴェッキオ橋に行き
Ma par buttarmi in Arno !
アルノ河に身を投げる決心です。

Mi stuggo e mi tormento !
ほんとに心から愛しているのよ!
O Dio ! Vorrei morir !
ああ、いのちをかけて!
Babbo, pieta, pieta!
だから父さん、どうか、お願い!

(訳:小林利之)

「私のお父さん(ジャンニ・スキッキ)」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です